急な胃部痛・吐き気・嘔吐、腹痛・下痢、慢性のウィルス性肝炎やアルコール性肝炎や脂肪肝、胆石・胆嚢炎、膵炎など、お気軽にご相談ください。


消化管検査


喉の詰まった感じ、胸の痛みを感じ、さて耳鼻科を受診しようか? 心臓かな?と思ったことのある方、実は逆流性食道炎かも知れません。あなたの胃には、ピロリ菌はいませんか? ピロリ菌が胃に生息すると、100%慢性胃炎になり、胃癌になる確立が高くなります。しかし、除菌(ピロリ菌を退治すること)しても胃癌にならない訳ではありません。毎年の胃の検査はなさっていますか? 今や、胃癌や大腸癌は、早期に見つければ、治る時代です。定期的な検査を受けることをお勧めします。


当クリニックは、特殊光観察の視認性が向上し、波長の異なる2種類のレーザーを搭載した次世代内視鏡システムである富士フィルム社性LASEREOを導入し、早期の癌の発見に大いに活躍してくれるものと思っています。
 上部内視鏡は 経鼻内視鏡(EG-L580NW7)で、苦痛の無い内視鏡を施行致します。また。ご希望の方には安定剤の使用も致します。

下部内視鏡に関しましては、必要に応じてご用意が可能でございます。CO2送気システムを用い、苦痛の少ない工夫をしております。


通常の消化管疾患から各種健康診断にお答えするために Toshiba plessart ZEROを導入し、バリウム検査も行っております。


肝臓・胆嚢・膵臓


超音波は、Toshiba Xario 100を導入しました。腹部超音波検査では、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓などの疾患を診断し、頸動脈超音波検査では、動脈硬化の診断を致します。